ブルーライトカットのPCメガネで目の疲れを予防 JINSPC・Zoff使用感想など~民間療法集

ブルーライトカットのPCメガネで目の疲れを予防 JINSPC・Zoff使用感想など

パソコンなどを毎日長くやる人は目が疲れて肩がこるということが結構あると思います。

午前中は何とかなっても午後になるとどうしても効率が落ちてしまうということが良くあります。仕事にも支障が出るし、健康にも良くないのでできるだけ目の疲れを予防したい。

パソコンや携帯、スマートフォンなどでの目の疲れの大きな原因は、それらの機器から出ているブルーライトの光が原因だと言われています。それを遮断することができると全く違った生活を送ることができるようになるでしょう。

大手のメガネ屋さんでPCメガネというと「JINS」「Zoff」が有名です。両方とも同じようなもので、ハードタイプと言うもので50%くらい遮断してくれて、クリアタイプでは35%くらいになります。

 

【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)(BLACK) 【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)(BLACK)
()
JINS PC商品詳細を見る

 

【Zoff PCクリアレンズ・パック】ブルーライトを効果的にカットするPCメガネ (度なし)(Matt Gray) 【Zoff PCクリアレンズ・パック】ブルーライトを効果的にカットするPCメガネ (度なし)(Matt Gray)
()
Zoff PC

商品詳細を見る

使っている人の多くはこれからこれなしで過ごすことはできなくなります。子供用にもとさらに買い足す人も多いようです。

ハードタイプはブルーライトを吸収するタイプで、少しレンズが色見がかっていて、薄黄色く濁っているようです。それでもすごくになれることができるレベルです。

クリアタイプはブルーライトを反射するタイプで、普通のメガネのように日常から違和感なく使うことができます。

「JINS」だったらフレームが4000円~でレンズ代(度入り)が4000円くらいになります。「JINS」は安いフレームが少ないように感じた。度入りでもクリアタイプだったらレンズがあればその日に持ち帰れると言うのが良いです。度入りだと基本は10日必要です。

「Zoff」だったらフレームが4000円~でレンズ代(度入り)が5000円くらいになります。度入りだと10日必要です。

両店とも度なしのメガネだったら4000円くらいで買えるので視力の低くない人は安く買えると思います。また、度入りでも1000円くらいしか差がないので交通費などを考えるとあまり変わらないでしょう。

■JINSPCのハードタイプを1週間使ってみた感想■

1.購入直後は今までのものと比べ度が落ちたような感じ。

今まで0.8だったら1.0のように少し高めの度数を調節した方がいい。

2.2日目から明らかに目の疲れを感じにくくなる。

1日目はあまり変わらないような気がした。

3.目の疲れ、肩こりの質の違いを感じる。

ブルーライトがカットされた影響なのか、目の疲れ方、肩こりの質が変わってくる。姿勢の悪さや目の酷使からくる疲れは少しだけ残る。それでも大幅に改善する。

一覧