胃もたれ、胸やけの予防と対策~民間療法集

胃もたれ、胸やけの予防と対策

胃もたれは、飲み過ぎ食べ過ぎで胃の蠕動運動うまくできなくなって、消化がうまくできず、胃の中に食べ物が残ってしまっている時におこります。

胸やけは、胃酸の濃度が高く、胃液が食道に逆流し、食道の粘膜を傷つける時におこる。

結局、多くの場合、自分の食生活が原因なんですが、しょうがないので、できれば薬ではなく、より健康的に治すことができると良いと思う。

■胃もたれや胸やけになってしまうまえの予防

  • 食前に牛乳を飲む。
  • カフェインを控える。
  • とうがらし香辛料・カレーを控える。
  • ストレス発散を心がける・・・精神的な部分と密接に関係があるので。

■胃もたれや胸やけになってしまった時の対策

  • さんしょう汁・・・さんしょう3gを180ccの水で煎じて飲む。
  • はちみつ・・・スプーン一杯なめる。胃の炎症を和らげてくれる。
  • だし昆布・・・適当な大きさに切り、かじる。
  • 大根おろし・・・大さじ3杯ほど食べる。
  • いちぢく・・・食べる。
  • みかん・・・げっぷが出てすっきりする。
  • にら・・・味噌汁に入れて食べる。
  • おおばこ茶、松の葉茶・・・お茶代わりに飲む。
  • かぼちゃの種・・・煎じてお茶代わりに飲む。

昔から胃もたれなどは多かったのか、いろんな食べ物が有効なようです。

一覧